JCETI代表 グレゴリー・サリバン | jceti

JCETI代表 グレゴリー・サリバン

プロフィール

1977年、ニューヨーク生まれ、2003年から日本に在住。
2007年にアメリカの隠れた聖地アダムス山で宇宙とのコンタクトのスイッチが起動された体験を持つ。2010年にJCETI(日本地球外知的生命体センター)を設立。
日本のこれまでの常識的な「宇宙人・UFO」という概念を書き換える、全く新しい宇宙観を根づかせる市民運動を展開。
その一つがディスクロージャー映画「シリウス」の上映会、そして世界共通のETコンタクトワーク「CE-5コンタクト」を全国的にリードしている。
一人ひとりが宇宙意識とつながり、地球でも宇宙的ライフスタイルが実現できると伝えている。

著書

・宇宙意識で生きる地球人のためのスピリチュアルガイド(KIRASIENNE)
・だいじょうぶ!グレゴリー・サリバン、中野宗次郎共著(ナチュラルスピリット)
・あなたもETとコンタクトできる(ヒカルランド)
・あなたの前に宇宙人が現れます(ヒカルランド)
・ウェブマガジン「こころスピラーレ」
・Paths To Contact:True Stories from the Contact Underground(参加)

ご挨拶「私たちの使命」

私たちの使命は、一般人が地球外知的生命体(ETI)についての正確な知識を提供することです。また世界共通である「CE-5コンタクト」の 手引きを使い、ETIとの交流を個人的にも体験できるきっかけを作ることです。

現在は、地球外知的生命体と人類の交流が、地球の歴史上かつてないほど頻繁に起こっています。
その交流が平和的に進展してゆくことに、老若男女すべての人に参加してほしいと願っています。
私たちは、「宇宙大使」として地球にやってくるさまざまな地球外文明からの生命体と直接的に触れ合う体験を重視しています。
また、彼らの出現に、友好的な姿勢をもって対応したいと熱望しています。

こうした対応は、双方に有益な成果をもたらし、究極的には、全人類の意識を目覚めさせ、人類はこの宇宙で孤独ではないという意識を持つことに寄与するでしょう。

また、地球外知的生命体と彼らの目的については、何十年にもわたって、間違った知識、恐怖心を煽る嘘、誤った結論が出回り続けています。私たちは、こうした間違った情報を明確に分析し、私たちの世界のために、より正確な真実を伝えたいと願っています。

グレゴリー・サリバンのブログ
グレゴリーサリバンブログ